k03. ケムリクサ考察、例のBGMに関して

ケムリクサ考察第三回です。

DTMerのはしくれとして、第6話までのBGMについて気になったことを書いておきます。

注意 : この記事にはケムリクサ0.5話から6話までのネタバレを含みます

ライトモチーフ

ゲームのBGM等では、複数の曲の間で同じメロディを使い回すことがあります。これをモチーフと呼ぶことにします。

モチーフは大抵の場合、作品上の何かしらを象徴します。最も有名と思われるのはスター・ウォーズの使用例です。

ゲームにおける最も効果的な使用例はUndertaleでしょう。

どちらの作品でも複数のモチーフが使われており、それらの多くは登場人物の誰かを象徴するものになっています。

ケムリクサにおいて

ようやく本題ですが、ケムリクサのBGMには、2つの異なる曲に用いられているモチーフが1つ確認されています。

そのうち片方の曲 (α) は以下の場面で使われています。

  • 1話、大型アカムシとの戦闘終了後。ED(仮)直前。
  • 2話、電車の上にて。ED直前。
  • 4話、ヌシとの戦闘終了後。1曲挟むがED前。

もう片方の曲 (β) は以下の場面で使われています。

  • 2話、わかばくんの記憶についての会話中。
  • 3話、退場済み姉妹についての会話中。
  • 3話、わかばくんが位牌(?)を保護した後。
  • 6話、みどりいろのけむりくさについてのシーン。

こうしてまとめてみると、αは次に進むときのテーマ、βは過去を振り返るときのテーマとして使われていることがわかります。

そして、それらに共通したメロディーが登場する…

エモい!

他のBGMについて

今の所7曲くらいの存在を確認をしています。どれも良い曲で、使い方も一貫性があって良い塩梅です。

個人的に4度堆積的な響きが好きなので、しょっちゅう流れるストリングスのやつがお気に入りです。

いつか全ての曲の使用状況をまとめたいところです。